ペアーズのFacebook連携って大丈夫?連携する人が知っておきたい6つの事実

ペアーズのFacebook連携って大丈夫?連携する人が知っておきたい6つの事実

427view

2018.09.18

目次

ペアーズは「Facebook連携」が可能なマッチングアプリです。

そして、Facebook連携することで、「バレるリスク」はグッと低くなります。
なぜならFacebook上の友達がペアーズに登録したとしても、その友達に自分のプロフィールが表示されることは一切ないからです(参考:ペアーズで彼女や友達にバレるのが心配!バレないための設定とテクニック)。

しかし、Facebook連携しているからこそ、

  • タイムラインに表示されないか?
  • 実はどこかでバレるのではないか?

などの不安も出てきます。

そこでこのページでは「ペアーズとFacebook連携をする人が知っておきたい6つの事実」を紹介していきますので、このページで紹介する事実を知って、納得してから連携させていきましょう。

ペアーズは「Facebookなし」でも、電話番号があれば登録できるようになりました。
詳しくは⇒ペアーズでfacebookをやってない場合はどうする?

Ads
\ペアーズが29秒で分かる動画/

ペアーズとFacebook連携する前に知っておきたいこと

  1. Facebookには一切投稿されない
  2. Facebook上の友達は検索結果に表示されない
  3. ペアーズに本名は表示されない
  4. Facebook連携しても友達数は表示されない
  5. ペアーズのFacebook公開機能も廃止
  6. 電話番号登録の方が不利益が生じる可能性が高い

Facebookには一切投稿されない

ペアーズとFacebookを連携したとしても、Facebookの投稿ページやタイムラインに投稿されることは一切ありません。

Facebook上の友達は検索結果に表示されない

はじめに少し紹介しましたが、Facebook連携することで、Facebook上の友達が(お互い)検索画面に表示されなくなります。

例えば「太郎君」と「花子さん」がFacebook上で友達になっており、2人ともペアーズに登録した場合、太郎君の検索結果に花子さんは表示されませんし、花子さんの検索結果に太郎君は表示されません。

これはペアーズの規約にも書かれている通りです。

本サービスでは、Facebookでの認証をされた利用者に限り、会員登録時または自動、会員自身による手動操作によりFacebookの友達リストを取得し、友達リストに掲載された会員との関係ではお互いの存在が検索結果に表示されない仕組みを提供しています
-引用元第23条(本サービスのご利用上の注意)

ただし、このルールは「お互いFaceookでペアーズに登録した場合」であって、たとえば

  • 太郎君がFacebook連携で登録
  • 花子さんがFacebookではなく電話番号で登録

した場合はお互いの検索結果に表示されてしまうことに注意が必要です。

ペアーズに本名は表示されない

Facebook連携することで「本名」はイニシャルに置換されて表示されます。

なお、Facebook登録した時はイニシャル登録になりますが、ニックネームはいつでも変更が可能です。

Facebook連携しても友達数は表示されない

2018年5月8日まではペアーズ上で「Facebookの友達数」が表示されていました。

しかし、2018年5月9日からFacebookの友達数が表示されなくなりましたので、友達数による有利・不利もなくなりました。

ペアーズのFacebook公開機能も廃止

これまではメッセージを2往復以上した相手に対してFacebookを任意で公開できましたが、同じく2018年5月9日より、これまであった「Facebook公開機能」が廃止になりました。

廃止になったことで「Facebook公開してよ」「Facebook交換しようよ」と言われることがなくなりました。

電話番号登録の方が不利益が生じる可能性が高い

最後に「電話番号登録」と「Facebook連携」を比較した場合、電話番号登録の方が「バレるリスク」などが高くなっています。

そのため、ペアーズの規約にもこのような文言があります。

Facebook以外を利用して登録した場合、会員登録によって、現実の友人、知人等の第三者に本サービスを使用していることを知られるなどの不利益が生ずる可能性があることに予め同意するものとします。
-引用元第23条(本サービスのご利用上の注意)

こうしたことから、バレたくない人ほどFacebook連携はさせた方が良いと言えるでしょう。

ペアーズでFacebook連携するメリット・デメリット

それでは、ここまでの話を元に、ペアーズでFacebook連携するメリット・デメリットをまとめていきましょう。

メリット

  1. Facebook経由でバレることはない
  2. Facebook友達同士がお互いFacebook連携で登録すれば、検索結果にお互い表示されない
  3. 電話番号登録よりもバレるリスクが低くなる
  4. ログインのたびに毎回SMS認証しなくても良い(電話番号登録だとSMS認証が必要)
  5. Facebook公開機能などがなくなったため、Facebook交換を迫れられることもない
  6. 友達数も非表示となったため、Facebook上の友達数を気にしなくてよい

デメリット

  1. 電話番号登録している友達にはプロフィールが公開される
  2. Facebook連携したとしてもバレるリスクがゼロになるわけではない

ブルくん
ブルくん

つまり、Facebook連携は電話番号よりもバレるリスクは低いけど、連携したからと言って絶対にバレないわけじゃないってことだね。

オオカミくん
オオカミくん

そうだね。「友達の友達」などには公開されているし、ペアーズは会員数が他のアプリに比べて多いから「絶対にバレたくない!」という場合は、もうちょっと会員数の少ないアプリを使ってみても良いかもね。

さいごに

ペアーズは累計会員数が800万人を突破し、投稿段階の2018年9月においても活動している人が300万人いる、とても会員数の多いマッチングアプリです。

そして電話番号登録も解禁されより使いやすくなっているのですが、バレるリスクという面では高まっていると言えます。

だからこそ、バレたくない方は、最低限の対策を行っておくことが必要になりますので、下記記事を読みながら、色々な設定を試してみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

Ads

\マリッシュ/

\イヴイヴ/

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

おすすめマッチングアプリを探す